結婚相談所っていろんな噂を聞くけど、いいの?

結婚したいと思いながらも良い出会いがないという方の中には結婚相談所への入会を考えている方もいるのではないでしょうか。
ただ「噂には色々と聞いてるけど、どうなんだろう…」と感じている方も多いと思います。
結婚相談所は結婚を真剣に考えている方が入会しているため結婚への道は近いように感じますが、メリットもデメリットもあります。
メリットとデメリットを理解したうえで自分に合った相談所に入会できれば理想の相手と出会うこともできるはずです。

多数の結婚相談所があってどのように選んでよいか分からないということもあると思います。
結婚相談所の種類は大きく分けて2種類あります。
主にデータマッチング型の結婚相談所と仲介型結婚相談所です。
どちらも「結婚相談所」とつきますが、サービスは全く異なります。
どちらが自分に合っているかよく考えたうえで利用してみましょう。

2つの相談所の特徴ですが、データマッチング型は大手相談所に多く、多数の男女が登録していま。
そのため出会いのチャンスは多く、システムで効率よく相手を選ぶことができるようになっています。
入会後は基本的に自分で自由に連絡を取って会っていく流れとなっています。
仲介型相談所は、自分で相手を探すデータマッチング型と異なり、仲人が相性の良さそうな異性を選び、その中の人から会ってみるという流れで進んでいきます。

データマッチング型では自分の希望条件からシステムが相手を選ぶため、会ってみたら相性がいまいちということもありますし、条件だけで探していくことになるため相性の良い相手に出会うまで何人もの異性に合わなければならないこともあります。
また、連絡をとることやお見合い日の設定、その後の交際なども全て自分で進めていくことになるため、どのように活動していけば悩んでしまうこともあります。

仲介型では希望条件に仲人の目が加わっているため、相手の性格などの人間性も考慮した相手を仲介してもらえるため相性が良い人と出会える可能性は高いです。
お見合い日の設定など基本的な連絡は仲人が取ってくれるので効率よく活動していくことができます。
ですが、データマッチング型と比較すると入会金やお見合いごとの仲介手数料、月会費、成婚料などの金額が高い傾向にあるため成婚するまでの費用が掛かってしまいますし仲人が仲介できる数も限られるため会員数は少ないです。

どちらのタイプの相談所にも入会時には審査があり、入会金を払っても結婚したいと考えている人が集まるため、会員には常識的な人が多いという安心感はあります。
自分がどのように行動するタイプなのか見極め、自分に合った相談所に入会できれば理想の相手と出会える日も近くなります。