もし後悔や未練があるならSNSで再会できる!

SNSは遠く離れた人間を結びつけてくれます。
それは距離的なものだけではなく、時間をも越えることが可能です。
たとえば学生時代に好きだった人と再会するためにはSNSの活用こそが最善策といえます。
その理由は繋がることと探すことが、共に容易であるからに他なりません。
また連絡手段としても使いやすいことから電話番号などを聞き出す手間を省けます。
未だに当時の後悔や感情を引きずっているのであれば積極的に活用するべきです。
そうすれば心の整理を付けるのはもちろん、新たな出会いにも繋がります。

最も特定の相手を見つけやすいのはFacebookでしょう。
このSNSは本名登録が原則となっており、写真も豊富ですから同姓同名の別人と混同することもありません。
就職活動時にはアカウント作成がほぼ義務付けられているためほとんどの人が一度は利用しています。
社会に出ても学生時代からそのまま使っている人も多く、好きな相手と再会するには最適です。
またFacebookは繋がる人脈が物を言う世界でもあります。
このためフォローを断られるリスクを回避しやすいため、気軽に接触したい場合にもこれ以上の選択肢はありません。

匿名の利用者が多いTwitterの場合は少しコツがいります。
著名人や法人代表でもない限り、アカウント名と本名が結びついていることはあまり考えられません。
そこで記事の内容から個人を特定していきます。
SNS用のリアルタイム検索などで地元の地名や特定しやすいキーワードを打ち込んでいきましょう。
その内容を呟いているアカウントを見つけたら、過去の記事に目を通していきます。
たったこれだけの作業で個人を特定することは十分可能です。
法律に触れるでも専門的な知識が求められるでもありませんから、試す価値は十分といえます。

もちろん数年ぶりにコンタクトをとる相手に馴れ馴れしい態度は禁物です。
あくまで偶然出会ったことを強調しながら、最初は簡単な挨拶に留めておきましょう。
そこから相手の記事を評価するなど静的なコミュニケーションから、徐々に距離を詰めていきます。
現状に対する愚痴を聞いたり慰めたりすれば好ましい人物と写ることでしょう。
同じ学校であれば同窓会を企画するという手もあります。
これならば接近しても不自然に見えませんから、無理なく意中の相手を出会うことができます。
賢く行動しつつSNSを足がかりにして価値ある出会いを実現していきましょう。